大切なのはマンション管理会社の存在です|抜群の計画性を持とう

男性

不動産投資のリスク

電卓とお金

空室リスクの対策

不動産投資でリスクになるのが空室による家賃が得られないリスクです。ローンを組んでマンションなどを購入した場合には、家賃収入がないだけで赤字に転落してしまうのです。そのため家賃を欠かせない運用が大事なポイントになるのです。しかし入居者は必ずそのマンションを出ていくときが訪れます。その時にどれだけ黒字にしておくかがポイントになります。新築であれば多少家賃を高めに設定することも可能です。そして来るべき空室に対応できるように備える方法もあります。それが難しい場合には家賃保証を利用することもできます。複数の物件を所持してリスク回避を行う方法もありますが、サラリーマン投資家などには難しくなっています。家賃保証はその点初心者向けなのです。

あくまでも保険である事

家賃保証は空室の差異の家賃を最大95パーセント保証するものです。しかしどんな空室の状態でも保証してくれることではないことに注意しておかなければなりません。継続した空室状態ではいくら家賃保証があっても限界があります。そのため空室にしない努力はオーナー側で行う必要があるのです。空室が継続すると家賃の引き下げやリフォームの提案などをされる場合があり、応じない場合、家賃保証の解約などに至るケースもあるのです。家賃保証はあくまでも一時の保険である事を認識して契約する必要があるのです。そういった意味では家賃保証に支払う額を超えての保証が難しいため、自力で積み立てるなどの工夫をする方がトータルコストでは安くなるのです。