大切なのはマンション管理会社の存在です|抜群の計画性を持とう

男性

空室や家賃滞納にも対応

説明

変動リスクに対応できる

変動リスクに強い点は、一括借り上げが人気の理由の1つです。賃貸経営では賃料が周辺の相場の変化で上下したり、経年劣化などによる原状回復の追加出費が必要となるなど、多くの変動リスクが存在します。そのリスクを一括借り上げによって抑えることが可能です。管理会社によっては、借上開始時10年間家賃固定といったプランも提供されています。このケースでは借り上げた際に大家に毎月支払われる家賃が10年に渡って保証される利点があります。仮に入居者が退去して空室が生じた時でも、管理会社側がその差額を受け持ってくれる仕組みです。またプランによっては原状回復費負担なしや、修繕費負担なしを売りにしているものも見られます。支出リスクとして大家が悩まされることが多い、これらの出費を抑えられる点も一括借り上げの人気の理由です。

転貸目的で借り上げる

管理会社が大家の所有する賃貸物件を、転貸を目的としてまとめて借り上げることを一括借り上げと言います。サブリースとの違いは、サブリースの場合は管理会社が大家の持つ物件を代行して貸し出すのに対し、一括借り上げは大家から一棟丸ごと管理会社が一度借り上げた上で、入居希望者に貸し出す点が特徴です。長期的な運用を見越したプランが一括借り上げには多く、30年借り上げや35年借り上げといった非常に長期のプランも存在します。通常ほとんどの一括借り上げには家賃保証がセットになっています。管理会社が一定額の保証料と引き換えに、空き室が出た場合に本来得られる家賃相当額の80%から90%程度の額を補償してくれる仕組みです。