大切なのはマンション管理会社の存在です|抜群の計画性を持とう

男性

委託先の複数見積も有効

家

入居者や建物管理の負担減

分譲、賃貸を問わずにマンションを運営する上で欠かせないのがマンション管理業務です。管理組合を設立して自主的に管理を行うケースもありますが、日本ではマンション管理は不動産会社などの専門業者に任せる方が一般的です。専門業者への委託が人気の理由は複数あります。まず1つ目に入居者管理全般を委託できるので、入居者に関する様々な手続きやトラブルなどに直接関わらずに済む点が挙げられます。賃料集金代行や賃料滞納への対応、苦情対応などの面倒ごとも全て管理会社が行ってくれるのは、マンション管理を委託する大きなメリットです。また2つ目に建物管理全般を委託できる点も人気の理由です。清掃やごみ出し、入居者退去時のリフォームや修理などの業務も業者任せに出来ます。

仲介業務も任せる事が可能

法律で明確に規制されていないため、マンション管理業務の内容は業者ごとによって大きくその内容が異なります。そのため物件の特徴や入居者のタイプ、入居率などに応じて柔軟に必要な管理業務のみを委託する工夫が大切です。例えば入居者がまだ少ない状況ならば、マンション管理業務を委託する場合に、仲介業務も一緒に行ってくれる管理会社と契約するのも良い選択です。管理会社と仲介業務をそれぞれ別会社に委託するよりもコスト面で安く、一元的に管理をしてくれるため業務の効率も上がりやすいというメリットがあります。管理委託先を探す場合は、複数見積を取るのも良い工夫です。マンション管理の費用は一般的に賃料の4%から10%程度が相場ですが、業務内容の違いによっても費用は大きく変動します。そのため複数から見積を出してもらって比較した方が無難です。