大切なのはマンション管理会社の存在です|抜群の計画性を持とう

婦人

空室や家賃滞納にも対応

説明

変動リスクとして知られる、賃料相場の変化や修繕などの追加出費にも柔軟に対応できる点が、一括借り上げの人気の理由の1つです。一括借り上げはサブリースと違って、管理会社が一旦大家から一棟丸ごと建物を借り上げて、入居希望者に貸し出す点が大きな特徴となっています。

もっと詳しく

不動産投資のリスク

電卓とお金

不動産投資で一番のリスクは空室のリスクです。そのリスクを回避するために家賃保証があります。しかし家賃保証は一時の空室に対応する保険でしかありません。長期間の空室には対応してくれないため自力の工夫が必要なのです。

もっと詳しく

快適なマンションライフ

集合住宅

見直すことも

マンションには必ず管理組合があり、その管理組合がマンション管理会社と契約を結んでマンションの管理をお願いします。その時に、マンション管理会社をマンションの管理を専門にしている会社と契約を結び直すと管理費を抑えることができる場合があります。一般的に、大規模マンションの場合はそのマンションを建設した会社の子会社がマンション管理会社になることが多く、比較的管理費が高く設定されていることが多いです。また、親会社の意向を優先したマンションの管理の仕方をする場合もあります。なので、管理費を抑えたい場合はマンション管理会社の変更を検討してみましょう。ただ、マンションの管理に特化している会社も全ての規模のマンションの管理が得意というわけではなく、中小規模のマンションの管理を得意としている会社が多いです。

業務内容

快適なマンションライフの為に欠かせないものは、やはり日常の適切なマンションの管理です。マンション管理会社の業務内容は多岐に渡り、マンション管理人の有無、マンション特有の事務、何十年かに一度の大規模修繕、日常の清掃、緊急時の対応、設備の保守点検、防災、防犯など様々です。これらの業務内容を全て一括で契約をして全てをマンション管理会社に任せることもできますし、一部分のみを委託するなど色々な管理契約があります。また、してもらう業務内容を絞り込んでそれのみをお願いすることもできます。その場合は管理費を抑える効果を得ることができますが、その分マンションの資産価値が下がるリスクが発生する場合もあります。マンション管理会社は、住人の快適な生活の為とその資産であるマンションの価値を守る為の業務を行うのが特徴です。

委託先の複数見積も有効

家

日本ではマンション管理は専門の管理会社に委託するケースがほとんどです。業者への委託が人気の理由は、入居者管理や建物管理などの煩雑な業務を全て任せることが可能なためです。マンション管理会社を選ぶ場合は、仲介業務も一緒に行ってくれる所を選んだり、複数見積を取る工夫も有効です。

もっと詳しく